インプラントや歯列矯正は歯科で行う【治療でイイねGET】

歴史ある施術

歯の診療器具

意外に思われるかもしれませんが、インプラント治療の歴史はかなり古くて、紀元前にもなると言われています。最初は貝殻から始まったようです。しかし、骨の中で安定していたかというと、そうではなかったようです。そこから、貝殻から鉄や金、エメラルド、アルミニウム等たくさんのものが使われてきました。しかし、安定して使えるものはなかったのです。このインプラントの安定しない歴史に終止符を打ったのがチタンでした。チタンは骨と結合して長い間安定するという特徴があったのです。これが現在のインプラントの歴史の初めとなりました。それから、約四十年間となりますが、四十年経っても未だに現役で機能を果たし続けているものもあるほどです。

インプラント治療において、約四十年の歴史からインプラント自体の性質の進化はとても発展しました。しかし、この性質の発展については十分なほどに進化しましたが、技術的な面ではまだまだ発展の余地があります。どういうことかというと、患者さんのあごの骨の状態によっては、このインプラント治療ができないということも起きたり、歯茎の状態でもできない場合もあります。インプラント治療はとても効果的でメリットがたくさんあるのですが、このように治療できない人もいるのが今の問題となっています。 ですので最近の焦点となっているのが、悪条件のところでいかにしてインプラント治療を行うのかとなっています。また、それと並行してインプラント治療の後に患者さんが快適に過ごせることについても注目が集まっています。