インプラントや歯列矯正は歯科で行う【治療でイイねGET】

矯正歯科で整える

診療器具

歯並びはその人の生活スタイルをあらわすものです。柔らかいものばかり好んで食べる様な食生活であると、咀嚼が極端に少なく顎が発達しないのです。顎が小さいことは歯が顎のサイズに収まりきらず、出っ歯や八重歯になってしまうのです。顎が小さく、歯並びが悪いと見た目の印象が良くありません。そのため矯正歯科治療などを受けて綺麗に歯を治療した方が良いのです。矯正歯科治療は歯の表面にワイヤーやブラケットと言った装置を装着するのです。そのため歯ブラシで今までのように綺麗に歯磨きすることができません。そのため治療中はより一層歯磨きやマウスウォッシュを徹底させて虫歯ケアに努めなければいけないのです。またワイヤーやブラケットなども食事中に取れたりするので、そうした場合はすぐに矯正歯科クリニックで治してもらう必要があるのです。

このように従来の矯正歯科治療では、歯の表面に装置をつけることから非常に虫歯リスクや歯周病のリスクが高まるのが難点でした。歯並びが綺麗に整い、治療を完了させようとワイヤーやブラケットをとってみると虫歯が一杯できていたという事も少なくないのです。せっかく歯並びが整ってもこれでは治療が台無しになってしまうのです。しかし最近こうした従来の矯正治療の難点をカバーする画期的な治療法が多くのクリニックで提案されるようになっているのです。それがマウスピース矯正と言うものであり透明のマウスピースを用いて矯正治療するのです。マウスピースが歯に微弱な力を加え動かしていきます。マウスピースは自分で着脱可能であり、そのことで歯磨きは今まで通り徹底でき、矯正治療中の虫歯リスクを抜本的に抑えることに成功しているのです。