インプラントや歯列矯正は歯科で行う【治療でイイねGET】

インプラントとは

診察室

インプラントとは体の中に医療器具を埋め込むことを指すのですが多くの場合しかインプラントの意味で使用されています。歯科インプラントとは虫歯や歯周病などで失った歯の代わりに人工義歯を装着する治療方法の一つです。同様の治療方法に入れ歯治療などがありますが、この治療方法が他と大きく異なる点が手術を伴う治療方法であること、治療が保険適用外であることです。 最近ではインプラント治療もある程度認知されてきてこの治療方法を受けたいと思う人も増えています。こういった背景もありインプラント治療を実施している歯科クリニックも増えています。ですからより身近で治療が受けられるのです。しかし中にはきちんとした知識や技術、設備を持たずに治療を行っているクリニックもあるので注意が必要です。

インプラント治療は手術を伴う治療です。当然手術を失敗するリスクもあるのです。手術では歯茎を切開し顎骨に義歯の土台となるフィクスチャーを埋め込みます。しっかりと顎骨に土台を結合させる必要もありますし、きちんと歯茎を切開する必要があります。実際に過去にインプラント治療の手術を受けた患者が死亡した例もあるのです。この際は医師の技術が不足していたことはもちろん、きちんとした設備の下で行われていなかったことが原因でした。 もちろん手術に成功してもきちんとした知識や技術の下で行われていなければ本来数十年もつ治療のはずが数年で義歯と土台のボルトが緩む、土台が顎骨などと結合していないなど数年で不具合が発生することもあるのです。 リスクも理解したうえできちんとした技術を持ち、信頼できる歯科医に治療を依頼する必要があるのです。